デザインから彫刻まで一括作業! なので業界最安値&迅速対応!!

動画チュートリアル

見積り

よくある質問

”かんたん見積りが可能です”

”納期について”

ご自身でデザインされる方
記念品選びのワンポイントアドバイス
記念品選びのワンポイントアドバイス
クリスタルロフィー
表彰盾
フォント
シーンに合わせた記念品の選び方
お役立ちブログ
よくあるご質問
私たちがつくっています
7つの違い
2019年 09月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
休日
2019年 10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
休日
 

クリスタル記念品・表彰盾・トロフィーならアトリエ・グレイン

社内表彰、感謝状、周年記念をクリスタルで最高に輝かしい舞台にしませんか?

アトリエグレインでは、これまで8000件を 超える実績があります。
中でも、大手上場 企業さまからも多数発注をいただいており、お喜びの言葉をいただいております。
ご要望や、不明な点、または不安な点などお客様のお悩みを解消します。
また、お見積りもシステムで簡単に可能です。
面倒なやりとりもなく、商品数が多くても即座にお見積りを算出し、そのままお見積書も発行可能です。

グレイン公式サイトはこちら

トップ >授賞式と受賞式とは?それぞれの意味の違いまとめ

授賞式と受賞式とは?それぞれの意味の違いまとめ

みなさんは、「授賞」と「受賞」の違いをご存知ですか?どちらも「じゅしょう」と読み、漢字も似ていますが「授賞」と「受賞」ってどう違うのでしょうか。今回は、授賞式と受賞式の違いについてまとめました。

受賞とは?

日本語の意味は、賞、賞状、賞品、賞金等を受けること。もらうこと​となります。英語だと「winning」や「prize」が当てはまります。

授賞とは?

日本語の意味は、賞、賞状、賞品、賞金等を授与すること。さずけること。あたえることとなります。​英語だと「awarding」や「prize」が当てはまります。受賞式などで使われるアワードは、「授賞する」という意味の「award a prize」からきています。

授賞と受賞の違いとは?

受賞と授賞は、ほとんど同じ意味になりますが、ちらを使うのかは立場によって変わってきます。それぞれの立場の違いをふまえると以下になります。

授賞 :賞を授けること。賞を与えること。
受賞 :賞を受けること。賞をもらうこと。

賞を受ける「受賞者」の立場であれば「受賞された」となり、賞を授ける「協会」や「授賞式側」の立場であれば「授賞した」となります。一般的には、授賞する人、受賞した人を式に呼び、賞を授ける場合は「授賞式」と書くので「授賞」の方を使います。「ノーベル賞授賞式」や「授賞式会場」などの文章は必ず「授賞」の方が使われています。

まとめ

今回は「授賞」と「受賞」の違いについて紹介しました。 これらは、読み方も同じですし漢字も似ているので大した違いはなさそうみえますが、この2つは立場や受け取り手によって変わります。また、賞を受け取る側、もらう側を表現する場合は「受賞」を使い、賞を授ける側を表現する場合は「授賞」を使います。式を行う場合は授ける側の意思での開催なので「授賞式」となります。授賞式を主催する側は、これらの意味をしっかりと理解して、恥ずかしくないように心得ておきたいところです。


”ロゴ”

  • ”お気に入り”
  • ”ログイン”
  • ”新規登録”

”電話番号”

”見積もり”