動画チュートリアル

見積り

よくある質問

”かんたん見積りが可能です”

”納期について”

ご自身でデザインされる方
記念品選びのワンポイントアドバイス
記念品選びのワンポイントアドバイス
クリスタルロフィー
表彰盾
フォント
シーンに合わせた記念品の選び方
お役立ちブログ
よくあるご質問
私たちがつくっています
7つの違い
2019年 05月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
今日
休日
2019年 06月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
休日
 

トップ >感謝状の書き方

感謝状の書き方

感謝状とは?

感謝状とは、永年勤続の功労、職員の退職や退任などの時に日頃言葉で伝えている感謝の気持ちを「感謝の意を表す」 とし、書面にしたものです。一般的には表彰状の一種ととして扱われますが、表彰状と違い、感謝の意を表するために贈呈されます。

どんなときに感謝状を贈るの?

感謝状は、永年勤続の功労や職員の退職・退任、市町村関係、ボタンティア、営業成績、寄付、地域の団体活動などで 贈られることが多いです

感謝状の書き方が分からない

感謝状を贈りたいけど、どんな内容のものを書いていいのかわからないなど、多くの声を聞きます。 感謝状には、表彰状と同じく一般的な書き方のポイントがあるので押さえておきましょう。

感謝状の書き方

”渋

一番上もしくは縦書きの場合は一番右にタイトルというような意味合いで、表題が入ります。 感謝状の場合は、『感謝状』と大きく配置します。

⊆賞者名・表彰者名

次に受賞者・表彰者の名前が入ります。企業であれば企業名を記載します。 そして、名前の後に『殿』をつけましょう。 文字の大きさは表題の次に大きいサイズ感で配置します。

主文

そして、主文といわれる、いわば『どんなことに感謝を評するか』の内容を書きます。 作文とは違い、文頭は1文字空けずに、詰めて書き、内容は簡潔に記載することが望ましいです。 個人の場合、『貴殿』、企業の場合『貴社』を呼びましょう。 例えば、 「貴殿は多年にわたり○○発展・貢献のため、多大なる尽力を寄せられたるこ事は、 感謝に耐えない次第です。 依ってここに記念品を贈呈して感謝の意を表します。」 と、いった感じです。

ぢD莠

最後に贈る人の名前・企業名を記載します。 印などが併せて押されている事が多いので、忘れず注意しましょう。